視力

レーシックプラン比較表

レーシックと一口に言っても、実際はそう単純なものではありません。
というのも、レーシックの手術には種類があるからなんです。
同じレーシックでもプランが様々にあり、それぞれによってメリット・デメリットがそれぞれ出てきます。

自分で「これを受けたい!」と言ったからといって、必ずしもその希望通りにいくとは限りません。
それは、ひとりひとりの目の状態をきちんと検査してその結果次第ではレーシック自体が受けられないということもあります。
これをレーシックの適応検査といいます。
また受けられるプランが限られてくるということもあるからです。
とはいっても、医師に言われるままのプランでそのまま手術をしてしまうというのも不安な部分がありますから、代表的なものについては事前にどのようなものか
知っておくというのも役立つのではないでしょうか。

代表的なものは、レーシック・イントラレーシック・アイレーシック・ウェーブフロントレーシック・エピレーシックです。
最も一般的に行われているのはレーシックですが、これは角膜が薄いと受けられない可能性もあるタイプです。
そういった心配があまりないのがイントラレーシックで、角膜が薄い場合や乱視などの場合でも受けることが可能です。
アイレーシックは費用が高めの傾向がありますが、それは高精度のレーザーを使うためで、その分安全性の高さがメリットです。
ウェーブフロントレーシックは角膜が薄いという人以外は可能で、角膜のデータを作成して行うので最適な治療が望めます。
エピレーシックは目を酷使する人向けのもので、視力の回復期間が長くなるというのが欠点です。
また乱視でも受けられるレーシックは限られます。

他にもクリニックごとにプランが設けられている場合もあり、それぞれに良い点・悪い点があります。
費用についても様々ですが、必ずしも高いから良い・安いから悪いということもなく、どれが自分の目に最適かどうかという点が最も大切です。
その点を含めて考えつつ、医師に任せっきりにならずに相談しつつ進めていくことが大切なのではないでしょうか。
こちらのレーシックの口コミ比較も参考にしてください。

Menu